車売却後はクーリングオフできない?

よく車売却でトラブルになるのが、契約後のキャンセルについてです。

売却内容に納得いかなくても後からクーリングオフすればいいと安易に考えがちですが、実は一度車の売却を決めたら取り消しができない可能性が高いのです。

クーリングオフは全てに適用されるわけではない

シルバーの車

クーリングオフは一旦契約をしたものを、白紙にできる制度です。

自分の意思がはっきりしないうちに契約を結んでしまうことがありますが、契約日から一定期間内であればクーリングオフ制度を使用して、申込の撤回ができます。 車の売却もその時にはいい内容だと思っても、自宅に帰って頭を冷やしたら納得いかないことが出てくることもあるでしょう。 そういうときにクーリングオフを利用して車の売却契約を白紙に戻すことができれば便利ですよね。

ところがクーリングオフは、どんな契約でも適用されるものではありません。 実は車売却の契約はクーリングオフの制度が使えないのです。 そのことを知らず安易に車の売却を決めてしまい、後悔してしまう人も少なくありません。

営業マンの口車に乗せられてしまった

営業マンは車の売却契約を決めさせるために、あの手この手を使ってきます。 買値に渋った表情をしていると、「契約に納得いかないなら後でクーリングオフもできる」と安心させ、サインをさせます。

口が上手い人は会話でお客をその気にさせ大した条件でもないのに契約に持ち込んでしまいます。 でも後日気が変わって車の売却契約を解除しようと思っても、クーリングオフは適用されません。

中古車買取業者の営業マンはクーリングオフが車売の却に適用されないのを知っていて、嘘をついているのです。 契約書にサインをした後に車を手渡してしまっていたら、すぐに売却されて手遅れになる可能性が高いのです。

その場でサインはしない

クーリングオフは車を売る時に適用されない、その事実を知っているだけでも車売却時のトラブル防止になります。

即決させようと強引に進めてくる営業マンもいますが、最初の交渉でいきなり契約書にサインをしないようにしましょう。 車の売却は比較が大事ですし、一度冷静になってよく考える必要もあります。

特に気を付けたいのが出張査定です。 その場で車の売却契約をしないと帰らないと居坐る営業マンもいて、押しに負けて強引に契約させられてしまうケースが多いのです。

もちろん強引に他人の家に居座る行為は違法です。 迷惑な事をされたら泣き寝入りするのではなく、買取業者の本社や警察に連絡して対処してもらうようにしましょう。

サイドメニュー